シャフト

ゴルフ用語集

ゴルフ用語辞典 逆しなり(reverse whip) 2

前回からの続きです。 シャフトを逆しなりさせてインパクトすることによって、シャフトの反発力を利用してヘッドスピードを加速しながらボールを弾くことになり、加えて、フェースが上向きになった状態でインパクトを迎えるので、打ち出し角も高くなるという...
ゴルフ用語集

ゴルフ用語辞典 逆しなり(reverse whip)

インパクトの瞬間、シャフトはどの方向にしなっているのか、皆さん考えられたこと有りますか? 正しくスイングしておられるのであれば、クラブシャフトは「逆しなり(reverse whip)」しながらインパクトを迎えているはずなのですが・・・・・。...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 リブ(Rib)

ゴルフクラブのグリップの裏側に入れてある針金?(言い方が悪いかもしれませんが一番わかり易いかなと・・・)のことです。 ルールブックにはこの「リブ」についても、付属規則Ⅱ クラブのデザイン グリップ で細かく規定してあり、以下の様になっており...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 番外編 チーピン その弐

チーピン その弐 前回からの続きです。 左がOBゾーンで、「チーピン」を叩いてしまった場合、キャディーさんからは「際どいですね、念のために暫定球をお願いします」と言われること思います。ここで安心したらダメですよ!「際どいですね」の意味は、「...
ゴルフ用語集

ゴルフ用語辞典 オフセット(Offset)

オフセット(Offset)を辞書で調べてみますと以下のような記載があります。 名詞としては 1 〈…を〉差引勘定する,相殺(そうさい)する. 2 【印刷】〈…を〉オフセット刷りにする 動詞としては 1 a 【植物, 植物学】側...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 ネック(Neck)

ネック(Neck)、普通に首という意味ですよね。一応辞書で調べてみました。 a 首、日本語では頭部全体を指す場合があります。英語では頭部と肩を繋いでいる部分を言います。 b 衣服の襟、首回り または、首を思わせる細い(狭い)もの ...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 ライアングル (Lie Angle)

ライアングル (Lie Angle) 「ライアングル(Lie Angle)」とは、クラブのソールを地面につけた時にできる、シャフトの軸線と地面との間にできる角度の事です。これが大きいほど、球の捕まりが良いとされています。通称で「ライ角」と呼...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 キックポイント(Kick point)

キックポイント(Kick point) キックポイント(Kick point)を辞書で引いてみると、以下のような記載があります。 キックポイント:シャフトを振った時のしなりの頂点で flex-point とも bend-point とも言う...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 ジガー(Jigger) 

辞書でジガー(Jigger)を引いてみますと、以下のような記載があります。 【名詞】【可算名詞】 1 《主に米国で用いられる》ジガー 《カクテルなどを作る時に使う小型軽量カップ》: その容量《通例 1 1/2 オンス》 2 《アメリカ...
お知らせ&更新情報

ゴルフの科学的考察 トルクについて その弐

前回からの続きです。 スイングをする時のクラブヘッドの動きを具体的に想像してみると、アドレスの時点でスクエアーになっていたクラブヘッドがテイクバックと共に反時計回り方向へフェイスが回っていきますよね。この時はまだシャフトの捻じれはありません...
タイトルとURLをコピーしました