九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ用語辞典 ピックアップ(pick-up)

2012/12/07

ピックアップ(pick-up)

    ピックアップ(pick-up)」を辞書で引いてみますと、以下のような説明となっています。
    拾い上げること。また、多くの中から、いくつかを選び出すこと。「送迎バスで園児を―する」「主な話題を―する」
    レコードプレーヤーで、レコードの溝に刻まれている音声を電気信号の形で取り出すこと。
    荷物の集配・運搬などに用いる、無蓋(むがい)のボディーを取り付けたトラック。ピックアップトラック。
    ラグビーで、反則の一。スクラムやラックの中にあるボールを拾い上げること。または、タックルされた選手が、立ち上がらないでボールを拾い上げること。

一般的には上記のようになるのですが、ゴルフで使う場合は上記1の「球を拾い上げること」を言います。球がグリーン上にある時はいつでも球を拾い上げることが出来るのですが、それ以外の時はルール(規則)が許している場合(障害物からの救済を受ける時など)を除いて、インプレーの球を拾い上げると1打罰となってリプレースしなければなりません。元の場所にリプレースしないと(違う場所にリプレースしてしまうと)更に2打罰となってしまいます。

ルール上インプレーのボールを「ピックアップ(pick-up)」していい場面は、以下の3つが規定されています。

まず、1つ目はそのボールが自分のものかどうか、確認のために拾い上げる場合です。続いて2つ目は、動かせない障害物や修理地、カジュアルウォーターなどから救済を受ける場合です。最後の3つ目は、同伴競技者からの求めにより、一時的にボールをどかす場合(お互いのボールが隣接している、あるいは同伴競技者のプレーのラインにかかっている場合など)です。

ボールをピックアップする際は、元の場所をティペグなどでマークして、指先を使って慎重に拾い上げなければなりませんボールについた土などは、拭いてはいけないことになっているからです(フェアウェイで落下の勢いによってボールが地面に食い込んでいる場合とか、カジュアルウォーターからの救済の場合を除きます。それから、ローカルルールでプリファードライが適用されている場合も例外となります)。

また、グリーンオンしたボールはマークして拾い上げることができますし、その際、表面をきれいに拭くことが認められています。

ちなみに、マッチプレーでは、自分がギブアップする場合と、相手に「ギミー」を与えられた場合には、ボールをピックアップしてそのホールの勝敗を確定することができるとされています。

関連記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function similar_posts() in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php:729 Stack trace: #0 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/cmd-data/...') #2 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/index.php(17): require('/home/cmd-data/...') #3 {main} thrown in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php on line 729