GW(5月/5日)自粛中ですが、南阿蘇CCに行ってきました! 前編

お知らせ&更新情報

結構距離のある競技者向き!?の本コース、さてどう攻めた(失敗した)のでしょうか?

名物の2段バンカーの7番H169y/Par3か沢越えがある17番ロングH518y/Par5、どっちも難しいですが、私としては17番Hの方が気になっています。さらに言えば、13番・14番も・・・・。

さて結果はどうなりますことやら・・・・・。

南阿蘇CCはコロナ対策で

1:レストランのビュッフェ形式は中止の上、お弁当での対応

2:ロッカールーム・お風呂は閉鎖!

ということで3密回避の対応がなされていました。

スタートが9:36ということで、1時間前にはゴルフ場へ到着。軽くパッティングの練習をして同伴者を待っていたのですが、一番に驚いたのは『自粛要請中!!』であるにもかかわらず、駐車場は8割り方満車の状態!早朝ゲームをしている人達やコンペの開催もあって、パッティンググリーンも多くの人でとても混雑しており、OUT/INのティーグランド前にはスタート待ちのカートがそれぞれ4・5台並んでいたことでした。

自粛要請中!!』なのに?いやいや責めているわけではありませんよ。そこにいる私に他人を責める資格なんてありませんし、そんな気もありません。改めて「考えることは誰でも同じなんだな!」と感じた次第です。

あれはダメ!これもダメ!「3密はダメ!」「STAY HOME!」などと言われて・・・・、ストレスはたまるし、なんか楽しいことしたいな!、「ならば広い自然に囲まれて3密にもならないゴルフならいいんじゃ!?」と多くの人が思ってしまったということなのでしょうね。

肝心のラウンド内容は???

当日はINスタート!15番までは3人とも(同伴者2人)ボギーペースの+6でなんかいい感じだったのですが、前半のIN上がり3Hが・・・・・・。

私の場合、まずは16番H387y/Par4でダボ!ここまではまぁ「あるよね~」という感じだったのですが、名物の沢越えのロングH17番518y/Par5では、ティーショットがやや開き気味に当たり右のうねったラフへ、前足上がり・左足上がり、ライもあまり良くないラフの中であるにもかかわらず、欲張ってユーティリティ4番で狙ったのが失敗の基、トップしてボテボテの30y、3打目は反省の7番Iでまぁナイスショット!きれいに沢を超えてウェアーウェイ中央へ、残り120yあまりだったのですが、フルショットではなく1番手上げたクラブで距離を調整したコントロールショットで狙おうとして失敗!!わずかに届きませんでした。で5オン、頭に血が上っていることにも気付かないままのパッティングは当然のようにかなりのオーバー、返しも外して3パットの結果8点!!恐れていた通りの結果!やっちゃいました!(T_T)/~~~

更に前半最終ホール18番H387y/Par4、ティーショットが狙いよりも右に行ってOBラインの手前のラフ、残り180yかなり下っているので実質的には160Y位だろうとライも逆目で良くないにもかかわらず6番IでグリーンONを狙ってミス!ラフの抵抗等があってクリーンに捉えられずダフリ気味で右へ、結果は2打目OB、「これが間違いの2つ目」グリーン手前に刻めばよいものをまたまた欲張ってしまいました。1打罰で打ち直し、これもグリーンへは届かず手前のグラスバンカーへ、次5打目でようやくグリーンON、当然のように1発では入らず2パット!結果7点!、あ~~あ((+_+))

と前半の上がり3Hで叩いてしまい、ハーフは50点でした。2人の同伴者も似たような感じで上がり3Hを同様に叩いて48点、57点ということで、今回の前半全員が良くありませんでした。

最大の反省点は『ライの状況をしっかり確認行い、かつ距離を稼ごうと無理をしないこと!!』良く判っているはずなのですが・・・・・。できないのですよねこれが!ゴルフは上がってなんぼ!『いかにミスを減らしてプレイするのか?』ここがミソなんですよね!!

後半のプレイについては、また次回のご報告ということで

コメント

タイトルとURLをコピーしました