アース・モンダミンカップ 最終日の上位と熊本県出身プロの成績

2012年度LPGAツアー第16戦『アース・モンダミンカップ』(賞金総額1億円、優勝賞金1,800万円)千葉県袖ケ浦市のカメリアヒルズカントリークラブ(6,475Yards/Par72) 天候:曇り、気温:24.4℃、風速:3m。 最終日の成績
穏やかな風が吹く絶好のコンディションで行われた最終日。優勝争いは大混戦となるなか、首位と1打差で迎えた最終18番ホールでイーグルを奪った服部 真夕 プロが、(-15)として大逆転で今季初優勝を飾った。1打差の2位タイ(-14)には有村 智恵 プロ・横峯 さくら プロが入りました。
服部 真夕 プロのホールアウト後のインタビューでは、トップと1打差で迎えた最終18番 Par5、「風はアゲインストでしたけど、行くしか無いと思いました」と果敢に2オンに挑戦したのでした。234yのセカンドショットを5番ウッドでピン横7mにつけ、大逆転のチャンスとして迎えた下りのスライスライン、イーグルトライでした。
「3パットの事とかは全く考えてなくて、狙ったところに打てました」というボールは見事にカップに吸い込まれ、土壇場でトップの有村 智恵 プロの(-14)を逆転したのでした。「あんな風に綺麗に決まってくれると思ってなかったので、嬉しすぎてガッツポーズが出ちゃいました」との答えでした。
これで何とか8周連続で外国勢の優勝という屈辱的な記録は阻止することができました。昨日の段階でトップだったアン・ソンジュ プロを日本人プロが取り囲むような状況でしたので、誰かが阻止してくれそうなそんな気がしてはいたのですが・・・・。ともあれ、阻止できてよかったですよね。熊本県出身プロの優勝であれば、もっと良かったのですけどね。
有村 智恵 プロは途中では単独トップに立ったんですけどね・・・。18番 Par5 で残念ながら伸ばせませんでした。前半は調子よく、3バーディー・ノーボギーと3つ伸ばして、後半期待されたのですが・・・。1つしか伸ばせず、最後に服部 プロに逆転されてしまいました。パット等は強気で果敢に狙っていたんですけどね・・・・。ことごとく外れてしまって・・・・。
その他不動 裕理 プロ笠 りつ子 プロも共に最終日(-4)とのばして6位タイ(-10)グループと伸ばしては来たのですが、「遅かりし~由良之介~~」ってな感じでした。豊永 志帆 プロも昨日までは有村 智恵 プロと同じ4位タイの位置にいたのですが・・・。最終日(+2)の12位タイグループと後退してしまいました。
その他の熊本県出身プロの成績は、16位タイ(-7)グループに井芹 美保子 プロ、25位タイ(-5)グループに一ノ瀬 優希 プロ・青山 加織 プロの二人が入りました。(計7名)
熊本県勢としては、まあまあといった成績ではあるのですが・・・・・・。優勝からちょっと遠ざかってしまっているのが、残念です。
みんな、頑張ってくださいね~~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました