2017年LPGAツアー第17戦『アース・モンダミンカップ』大会最終日。成績上位者と熊本県出身プロの成績

2017年LPGAツアー第17戦アース・モンダミンカップ』(賞金総額1億8,000万円、優勝賞金3,240万円)大会最終日。千葉県袖ヶ浦市・カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード、パー72)(天候:雨 気温:22.4℃ 風速:2.4m/s)
最後まで接戦が続きましたが、通算18アンダーで鈴木 愛 プロが今季2勝目を勝ち取りました。最終18H番は最終組の全員が3オン一番遠い三ケ島 かな プロが11mのロングパットを見事に沈めバーディーとしてトップの鈴木 愛 プロに追いついたのですが、鈴木 愛 プロが6mのバーディーパットを沈め返して決着をつけました。見ている人には最後までしびれる観戦だったと思います。2位には1打差(-17)の三ヶ島 かな プロ、3位(-14)で我らが笠 りつ子 プロが入りました。
ハイライトは17番par4、共に2オンながら鈴木 愛 プロは1mのバーディーチャンスにつけて、三ケ島 かな プロは6mの距離を残してバーディーならず、誰もが鈴木 愛 プロのバーディーを信じていたのですが、なんとこれを外してしかも返しのパットも・・・、結局3パットとしてボギーの一打差で冒頭の18番となったのでした。多くの人たちがプレーオフを想定したと思いますが、さすがに勝負強い鈴木 愛 プロ、粘り強さを見せてくれましたね。
熊本県出身プロの成績は以下の通りです。
最上位は、3位(-14)の笠 りつ子 プロ、スタートから2連続バーディーととても良い感じで発進したのですが、その後を2バーディー・2ボギーと伸ばすことができませんでした。終了後のインタビューでも「今日一日攻めた結果なので、勝つことは出来なかったですけど、今後後半戦のに向けてもっと修正して、次に活かしたいと思います。鈴木さんは強気のパットで三ヶ島さんは安定したプレーで2人とも素晴らしい選手、強い選手だと思います。まずは3日くらいゆっくりして、練習ですね」との弁、優勝も期待していたのですが、ちょっとだけ残念です。次いで5位(-12)に不動 裕理 プロ、まだまだ力はありますよね。確か2年半ぶりのトップ5だと思います。そして20位タイ(-6)の青山 香織 プロ、上がりの5Hを4バーディー・1イーブンと追い上げましたが、時すでに遅し・・・、という感じでしたね。それから、2か月ぶりに復帰した大山 志保 プロが41位タイ(-3)、4バーディー・4ボギーと出入りの激しいプレーで、復帰はしたもののまだ完全ではなさそうです。次いで51位タイ(-1)の有村 知恵 プロ、13番par3でプロ4回目(日本では3回)のホールインワンを達成、すごいですよね。そして52位タイ(0)の一之瀬 優希 プロ、それから58位タイ(+1)の西 美貴子 プロ、といった結果でした。
今週は大変良い結果だと思います。予選落ちしたのは上田 桃子 プロ・井芹 美保子 プロの二人だけなので、出場9名中7名が決勝トーナメントへ、最上位が3位の笠 りつ子 プロ、加えてでトップ5に不動 遊里 プロが入り、満足できる週でした。もちろん優勝してもらうのが一番ではありますが、そう簡単ではないですからね。
皆さんお疲れさまでした。また次回以降も頑張ってくださいね。
みんな~~応援してますよ~~。がんばれ~~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました