2016年度LPGAツアー公式戦『日本女子オープンゴルフ選手権競技』 アマチュアの畑岡 奈紗 選手が優勝!! メジャー初の快挙!!

ゴルフNEWS

日本ゴルフ協会(JGA)主催の2016年度LPGAツアー公式戦日本女子オープンゴルフ選手権競技』(賞金総額1億4,000万円、優勝賞金2,800万円大会最終日。栃木県那須烏山市、烏山城カントリークラブ 二の丸・三の丸コース(6,506ヤード/パー71)(天候:晴れ 気温:26.4℃ 風速:0.9m/s)
アマチュアの畑岡 奈紗 選手が68(5バーディー・2ボギー)を出して通算4アンダーとして逆転優勝を勝ち取り、史上初となるアマチュアでのメジャー公式戦制覇を達成しました。決めたのは最終18番、見事に2オンして約4mのバーディーパットが残りました。下りのややフックする難しいライン。強すぎれば、かなり行ってしまいますが見事にラインを読み切り、これを沈めてバーディーとし暫定トップで後続を待ちました。
しかしながら後続の堀 琴音 プロ・申 ジエ プロ共に畑岡 選手に追いつくことができず、結果畑岡 奈紗 選手の優勝が決まりました。優勝インタビューでは最終18番について「外す気は全くしませんでした」と強気で攻めたのが功を奏したようです。この結果メジャー最年少記録をも塗り替えることとなり、(これまでの記録は平瀬 真由美の20歳27日’89年レディーボーデンカップ)併せてアマのツアー優勝史上5人目、歴代3位の年少記録となりました。
2位(-3)に堀 琴音 プロ、「天才が1人来たと思った。勝つべき人です」と優勝した畑岡 選手を讃えましたが、「やっぱりプロとして負けるのは…。終わってみて感じるのはプロが優勝しなきゃということです」と当然ですが、悔しさイッパイのようでした。3位(-2)に申 ジエ プロが入リました。最終日最終組のトップスタートのアマチュア 長野 未祈 選手は最終日で78と崩れてしまい、10位(+2)で終えました。
 
熊本県出身プロの成績は以下のとおりです。
2016-10-03_18h08_30
最上位は、有村 智恵 プロ、10位タイ(+2)久々(失礼)のトップ10以内での登場です。次いで28位タイ(+7)の笠 りつ子 プロ、初日は2位タイ(-2)だったのですが、2日目・3日目とスコアーを崩してしまいましたね。最終日も+3で結果としてはあまり良くなかったですね。まぁ、こんな時もありますよね。毎回毎回上位と言うのは大変です。それから、43位(+10)の大山 志保 プロ、初日は20位タイとまぁまぁだったのですが、2日目・3日目・最終日もアンダーで回れませんでした。ちょっと残念ですね。次いで48位(+11)の豊永 志帆 プロといった成績でした。
予選通過できなかったのが、一ノ瀬 優希 プロ、上田 桃子 プロ、の二人でした。
 
今週は、6名中4名が決勝進出、最上位が10位の有村 智恵 プロ、ようやく調子が上がってきましたかね。残りの試合に期待しましょう。笠 りつ子 プロは悪いと言っても28位タイですから、一番安定しているのは確かです。まぁ、まずまずの成績だと言って良いでしょう。心配は上田 桃子 プロをはじめとして他の選手です。次回以降は是非頑張ってほしいと思います。
みんな~がんばれ~~!! 応援してますよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました