ゴルフの歴史トリビア

お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 ユーエス・オープン (US Open )

「ユーエス・オープン (US Open ) 全米オープン」 1895年から開催されている世界最高峰のゴルフ・オープントーナメント。早いグリーン、深いラフ、難しいコースセッティングを伝統としてアンダーパーが出にくい最難関のコースとなっています...
ゴルフコース関連

ゴルフ用語辞典 ジ・オープン(The Open)

ジ・オープン(The Open)とは、 今更ながらでしょうが、一応念のために記載致します。 みなさんよ~~くご存知の「全英オープン」のことですね。 大会憲章の条文「全世界に開かれしトーナメント」(the Conpetition open ...
ゴルフコース関連

ゴルフ用語辞典 ジ・オープン(The Open)

ジ・オープン(The Open)とは、 今更ながらでしょうが、一応念のために記載致します。 みなさんよ~~くご存知の「全英オープン」のことですね。 大会憲章の条文「全世界に開かれしトーナメント」(the Conpetition open ...
ゴルフコース関連

ゴルフ用語辞典 セントアンドリュース(ズ)St.Andrews

これは説明の必要性がないと言っても過言ではないでしょうが、一応念のため記載いたします。 St.Andrews(セントアンドリュース)は、スコットランド東海岸にあるゴルフ発祥の地(異論が有りますが)とされているところです。キリスト教の12使徒...
クラブ(各種)

ゴルフ用語辞典 パーシモン(Persimon) クラブ用語 柿の木ヘッド

現在のチタンヘッドに至る前には様々なクラブヘッドが様々な材料で作られ使われていました。特にパーシモン(柿の木)のヘッドは多く作られており、名クラブとして残されているものもあるようですね。 北米産の柿の木をクラブのヘッド材として使用するように...
ゴルフのルールトリビア

ゴルフ用語辞典 マッチプレー Match Play

マッチプレー Match Play マッチプレーを辞書で引いてみると、”ゴルフの競技方法の一つ、2名または2組のプレーヤーが1対1で対戦し、1ホールごとにストローク数の多寡で勝敗を決める競技方法”  といった記載があります。 これは、ゴルフ...
ゴルフの歴史トリビア

ゴルフ用語辞典 リトル・スラム Little Slum  

リトル・スラム Little Slum 辞書で「リトル・スラム Little Slum」を引いてみると、”トランプゲームの「ブリッジ」における1回の勝負で13トリック(trick)のうち12トリックを取ること。” もしくは、”椿の一種「連城...
ゴルフの歴史トリビア

ゴルフ用語辞典 バードントロフィー(Vardon Trophy)

バードントロフィー(Vardon Trophy) 辞書で調べてみると「米ツアーにおいて年間平均ストローク数が最小のプレーヤーに贈られる賞のこと。又は、欧州ツアーでその年の賞金王に贈られる賞のこと。」との記載があります。 名前の由来としては、...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 ニッカーボッカー(Knicker-Bocker)

ニッカーボッカーとは? 膝(Knee)下でくくる、ゆったりとした半ズボンで、単にニッカーズともいうのですが、この短縮形には女性用のズロースの意味もあるそうです。なんだか一昔前に戻ってしまった感がありませんか?「ズロース」ですよ。 1800年...
お知らせ&更新情報

ゴルフ用語辞典 クラブ(Club) その弐

クラブ(Club) その弐 前回に引き続き、「クラブ(Club)」についてですが、今回は辞書にあった、「2 (スポーツ・社交のための)クラブ, 同好会;(野球の)球団、(会員だけが利用できる)メンバーズクラブ」の意味のクラブについてです。 ...
タイトルとURLをコピーしました