九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

2度打ち(striking the ball more than once)

2012/11/07

我々アマチュアにとって、グリーン周りで怖いのはアプローチのダフり、及びトップではないでしょうか? 特にダフリは、いわゆるザックリですが、この時さらに不運なことに、ボールを「2度打ち(striking the ball more than once)」してしまうことがありますよね。なぜこの様なことが起きるのかと言うと、ダフって減速したヘッドがボールに当たると、打ち出しのスピードが遅いため、フォロースルーのヘッドが飛んでいるボールに追いついてしまうのですね。これが、2度打ちのメカニズムになります。

この原理からいうと、ダフらなくても、深いラフからのアプローチや、フェースを大きく開いたロブショットなどの場合は、2度打ちの危険があることになりますね。こういう場合、スタンスをオープンにして、ヘッドをアウトサイド・インに(カット軌道に)振り抜くようにスイングするのですが、これはスピンを増やすテクニックであると同時に、ここが重要なところですが「ボールの飛んでいく方向とヘッドの進行方向を変える」ことで、2度打ちを防ぐという意味合いもあるのですね。

フェイスの向きとスイング方向が異なる形になるので(ボールの飛び出し方向と、クラブのスイング方向が違う)二度打ちになりにくい訳です。

ちなみに、ルール上、2度打ちは通常の1ストロークに、1打罰を加えてトータル2ストロークとして計算する(ゴルフ規則:3章14-4)と記載されています。2回打ったから2ストロークと云う訳ではないところが味噌で、英語表記を見ればわかるように、「1回より多く打ってしまった場合」に1打罰が付く。ということなんですね。つまり、3度打ちでも4度打ちでも、2ストロークになるということになります。

2度打ち(striking the ball more than once)のお知らせ・キャンペーン情報・格安プラン情報

現在、情報はありません。

関連記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function similar_posts() in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php:729 Stack trace: #0 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/cmd-data/...') #2 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/index.php(17): require('/home/cmd-data/...') #3 {main} thrown in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php on line 729