インテンショナル・ショット(intentional・shot)

インテンショナル・ショット(intentional・shot)とは?

直訳すれば、意図的な一打って感じです。日本語の解釈としては「ワザと曲げるように打つショット」といったところでしょうか?
目の前に障害物があって真っすぐ狙えない時など、“やむを得ず”使う技術と考えがちですが、その他にも右にOBのあるホールなどで、フェアウェイの右端を狙ってフックするボールを打てば、高確率でOBを回避することができます。あるいは、ピンがグリーンの右端にある場合等で、グリーンのセンターからスライスする球で狙うことが出来れば、安全にグリーンをとらえつつ、カップに近づけることができますよね。
このようにインテンショナルショットを使いこなすことができれば、リスクを回避したり、あるいは積極果敢なチャレンジをしたりといった、守りのゴルフ、攻めのゴルフの両方のコースマネジメントが可能になります。時には、バーディを狙うといったチャレンジもできるというわけですね。

インテンショナル・ショットの重要性?

ゴルフ初心者の頃には、真っすぐなボールを打とうと悪戦苦闘しましたよね。というかボールは真直ぐに打つものだ勝手に思い込んでいました。ですが、ある程度ラウンド経験を積んでくると、この真直ぐにボールを打つということが如何に難しいことかがよ〜く理解できるようになってきます。ですので、自分の球筋を持つ(フェード系かドロー系か)方がずっと楽にコースマネジメントできることにも、ようやく気付きました。
上級者になればなるほど、わざとボールを曲げる技術、つまり「インテンショナルショット(working the ball、英語ではこう言います)」がいかに重要か判ってくるというわけですね。で、そのコントロールが出来れば、フックボールは飛距離が出やすく、スライスボールは飛距離が落ちやすいといった特性を上手に利用して、微妙な距離のコントロールさえも狙っていけるようになるのです。
 

インテンショナル・ショットの打ち方は?

インテンショナルショットの打ち方(メカニズム)自体は特に難しくはありません。ボールの打ち出し方向にスタンスをとり、クラブフェースを最終的に狙いたい場所に向けてセットします。後は、普段と同じスウィングをすればいいのです。ただし、思った通りの弾道を必要な時に確実に打つとなると、それなりの技術と練習量が必要ですよ。同じようにスイングできないと(再現性が高くないと)当然ですがミスショットになり、曲がらなかったり、曲がりすぎたりといった結果になってしまいます。
皆さん練習しましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました