九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

ゴルフ用語辞典 ロング・ボール(Wrong ball)

2015/11/26

ロング・ボール(Wrong ball)

ゴルフルールの中には、5つのロングボール(Wrong ball)間違った球 ⇒ 誤球 が有ります。「用語の定義」の中に出てくるものは、最後”61”に記載された誤球の定義についてだけです。

以下に上げたボール以外の珠が「誤球」となるわけですね。

例えば、「プレーヤーのインプレーの球」、ホールアウトしてボールを拾い上げてみると、そのホールで最初にプレーしていたボールと違っていた・・・。
まま、あることだと思いますがいかがですか?
どうやら、途中で「誤球(wrong ball)」をしてしまったようです。といった場合の「誤球」、基本的には、プレーヤーは、一部の例外(OBなど)を除き、ティグラウンドからプレーした球でホールアウトしなければならないと、ルールで定められています(ゴルフ規則第3章15-1)。

これ以外には、暫定球(プレーヤーの暫定球)を打った場合。

ストロークプレーでルール3条の3「自分の権利や正しい処置について疑問がある場合、競技者は罰なしに2つの球をプレーしてそのホールを終えることができる。」・「20条7誤所からのプレー」その場合の第2のボール

更に「他のプレーヤーの球」と「放棄された球」「もはやインプレーの球でなくなったプレーヤーの初めの球」の3種類が加わって6つの「誤球」となります。

罰則としては、誤球のままプレーしてしまった場合、マッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打罰となり、次のホールのティショットを打つ前に誤りを訂正しないと競技失格となります。

ゴルフ用語辞典 ロング・ボール(Wrong ball)のお知らせ・キャンペーン情報・格安プラン情報

現在、情報はありません。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集