九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

ゴルフ用語辞典 トルク(Torque)

2015/02/23

トルク(Torque)の意味

辞書で「トルク」を引いてみますと、以下の様な記載があります。

トルクは、力と距離の積(外積)で表される量(モーメント)である。
力の単位はN(ニュートン)だが、トルクの単位はN・m(ニュートンメートル)である。
物体を回転させるために必要な力は、どこを押すかによって異なり、一般に回転軸(中心)からの距離に反比例する。
トルクはおもに工学、とくにエンジン・電動機・発電機・タービンなどの機械・機械工学などで用いられる。(by ウィキペディア)

ゴルフにおいては、クラブヘッドの重量と速度によって生じるクラブシャフトの捻れ(ねじれ)のことになります。

表示される数値が小さいほどその捻れは少なく、シャフトのフレックス(硬さの程度)が柔らかいほどそのトルクも大きくなります。逆に言えばシャフトが硬いほどクラブヘッドのトルクは小さくなるという訳です。

ルール上の規定

このトルクに関しては、ルールブックに規定(付属器規則Ⅱ クラブのデザイン)があり、以下の様な記載があります。

2 b 曲げ特性とねじれ特性

 シャフトは、その全長に沿ってシャフトのどの1点をとってみても、次のようでなければならない。

(i)シャフトをその縦軸周りでどのように回転させるかに関係なく、たわみが同じとなるように曲がること。

(ii)両方向とも同量にねじれること。

一般に売られているシャフトのトルクは 1.5 – 12 の範囲のものが多く、シャフトの種類別でその値を見ると、スチール・シャフトは 2.0 前後、カーボン・シャフトで 3 – 6 が 最も一般的です。

各メーカによって計測方法が異なり、数値を比べてもあまり意味が無いとの話もあるので、振動数(こちらの表記は各メーカー共通)で比べたほうが良いでしょう。

選ぶ際の基準としては、ボールの曲げ易さやクラブの操作性に関わることとなり、ご自分のスイングに合ったものを選ぶようにしましょう。自信がなければ、各ゴルフ用品店のクラブフィッターに相談することが無難だと思われます。

その他トルクの詳細は「ゴルフの科学」中の(トルクについて)に記載しておりますので、お知りになりたい方はどうぞ!!

ゴルフ用語辞典 トルク(Torque)のお知らせ・キャンペーン情報・格安プラン情報

現在、情報はありません。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集