九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

ゴルフ用語辞典 スコッチフォアサム(Scotch Foursome)

2014/10/04

フォアサム(Foursome)とは? 単純に言えば4人でのプレーということなのですが、元々はイギリスに於けるプレー形式の内、4人のプレーヤーが2人1組となり、2組で1つのボールを交互にプレーする対戦形式の競技のことでした。

これがアメリカに渡り、2サム・3サム・4サムというように2人でのプレー、3人でのプレー、4人でのプレーというようにその組が何名なのか?を表す言葉へ変化してしまいました。このため、本来の伝統的な意味との区別をするために、スコッチフォアサム(Scotch Foursome)と呼ぶようになったそうです。

スコッチとは、スコットランド(人)のという意味ですが、フォアサムのプレー形式の発祥がスコットランドであったかどうかは定かでは無いようです。まぁ、スコットランドのという冠頭詞を付ければ、St・アンドリュース等を思い浮かべて、何となく権威があるような気がするせい※だと思われます。

※これは個人的な感想ですので、念のためあしからず。

 

ルールブックには、第2章 用語の定義 の中に以下の記載があります。ご参考までに!

20  マッチプレーの形式(Forms of Match Play)

シングル:1人対1人で競うマッチをいう。

スリーサム:1人対2人で競うマッチをいう。両サイドとも1つの球をプレーする。

フォアサム:2人対2人で競うマッチをいう。両サイドとも1つの球をプレーする。

スリーボール:3人が互いに対抗し、それぞれ自分の球をプレーするマッチ競技をいう。各プレーヤーは2つの別のマッチを同時に行うことになる。

ベストボール:1人対2人のうちの良い方のスコア(または3人のうち最も良いスコア)で競うマッチをいう。

フォアボール:2人のうちの良い方のスコア対他の2人のうちの良い方のスコアで競うマッチをいう。

 

21 ストロークプレーの形式(Forms of Stroke Play)

個人競技:各競技者が個々にプレーする競技をいう。

フォアサム:2人の競技者がパートナーとして1つの球をプレーする競技をいう。

フォアボール:2人の競技者がパートナーとしてそれぞれ自分の球をプレーする。パートナーのうちの少ないスコアがそのホールのスコアとなる。パートナーのうちの一人がホールを終了しなくても罰はない。

 

 

ゴルフ用語辞典 スコッチフォアサム(Scotch Foursome)のお知らせ・キャンペーン情報・格安プラン情報

現在、情報はありません。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集