九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

統計データから見た、平均的なゴルファー像とは?

2013/07/04

総務省統計局のデータ(※下グラフ参照)によれば、2001年には 日本人全体の 11.5%(1億2千万人として1,380万人) の人が何らかの形でゴルフをしていたようなのですが、2011年までに その割合は 8.3%(同上、996万人)にまで減ったらしいのです。この数字は 練習場で ゴルフボールを打つだけ というような人も入っていますので、実際にゴルフ場で プレーをする人の数 (割合) は 840万人 (7%) 前後と考えられるようです。

また、男女別に見た 2011年の総務省のデータは、男性の 13.4% の人が、そして、女性の場合は  3.0% の人がゴルフをするという内容になっているようです。年齢別に見ると男性の場合は 25-65歳の人が (20-25%) 中心で、女性は 20-35歳 (6-7%) の年齢層の人が多いという傾向がありそうです。また、2011年度版では50歳代のゴルフをする割合が最も高く、60歳以上は登山・ハイキングをする割合が高いようです。

ゴルフに限らず、スポーツとしての行動人口が減少していますので、需給のバランスからすれば、ゴルフのプレー代金が下がって、よりリーズナブルな価格でゴルフができるようになったものと思われます。また、若い女性のプレーヤーが増えているのは喜ばしいことですね。

なんだか、下心があるような言い方で申し訳ありません。いや、決してないとは言いませんが・・・。(笑)

 

一方、財団法人・社会経済生産性本部という団体のレジヤー白書 2008 という出版物によれば、近年、ゴルフ人口は減少を続けているのですが、プレー回数や一人当たりのゴルフに対する出費は上昇しているそうです。ちょっとデータとしては古いとは思われますが、ゴルフがある程度一般化してきていることは想像がつきますよね。更に最近では、ゴルフのプレー代が下がってきており、これに反比例して若年層の増加により、ゴルフ人口自体は増えているような気がします。

これを裏付けるようなデータとして、2007年のコースでの年間プレー回数は 15.0回で、前年比 4.2回の大幅増加となり、プレーに関する年間支出も18万 2900円で前年比 6万300円増えております。1日当たりの費用 (プレー代、用具代等含む) も 1万 2190円で、前年比 940円高くなっているようですので、この傾向は更にプラス方向へ傾いていると思われます。

ゴルフ人口に限らず、スポーツ人口は減少する傾向にあるようですが、良く見てみると、好きなスポーツや趣味には一層盛んに参加するが、中途半端には参加したくない、という人の割合が増加しており、ゴルファーにもそうした傾向が見られます。これは団塊世代の人口比率が上がってきており、バブル期にゴルフを経験した人たちが、プレー代が下がってより参加しやすくなったという原因が推察されます。

ということで、統計データから見た平均的なゴルファー像としては、50歳代の男性で、年間のプレー回数は15-18回、年間で20万円前後のゴルフに対する支出をし、1回のプレー代が12,000円前後といった感じでしょうかね。直近のデータではありませんので、皆さんの実感とのズレや、多少の誤差はご容赦くださいね。

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集