九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ ルールクイズ スルーザグリーン編 動かせない障害物

2013/05/10

ゴルフルールクイズです。

せっかくナイスショットしたボールが動かせない障害物(植栽の支柱等)の所に止まってしまいました。フェアーウェイの中央にある樹木の支柱が邪魔でスイングをすることができません。あなたが選択すべき方法は、次のうちどれでしょうか?

① ホールとボールの位置を結んだ延長線上ならどこまでも後ろに下がってOKなので打ちやすいライ・位置まで下がる。(罰なし)

② 罰なしで、ホールに近づかないクラブ2本分の範囲内(2クラブレングス内)にドロップすれば良い。

③ 救済ポイントを決めて、そこからクラブ1本分の範囲内(1クラブレングス内)にドロップする。(罰なしで)

 

 

 

正解は、③となります。

支柱は動かせない障害物なので、無罰で救済が受けられます。規則24条-2b参照

まず、止まったボールからクラブを振ることができる最も近い地点に救済ポイントを決めて、そのポイントからクラブ1本分の範囲内にドロップするのが正しい方法となります。動かせない障害物(植栽の支柱等)が邪魔になってスイングできないときは、障害を避け、ホールに近づかず、救済のニアレストポイントからクラブ1本分(1クラブレングス)の範囲内にドロップします。

参考です。規則24条 2b 動かせない障害物の救済

球がウォーターハザードやラテラル・ウォーターハザード内にある時を除き、プレーヤーは動かせない障害物による障害から次の救済を受けることができる。救済を受ける場合には、

(ⅰ)スルーザグリーン

球がスルーザグリーンにある時は、プレーヤーは罰なしにその玉を拾い上げて、(a)救済のニヤレスポイントから1クラブレングス以内で、(b)救済のニヤレスポイントよりもホールに近づかない所にその玉をドロップしなければならない。救済のニヤレスポイントはハザード内やパッティンググリーン上であってはならない。救済のニヤレスポイントから1クラブレングスの範囲内に球をドロップする際、球は動かせない障害物が避けられ、しかもハザード内でもパッティンググリーン上でもない所のコース上に直接落ちなければならない。

この他にもバンカー内・パッティンググリーン上・ティーインググランド内の場合が記載されていますが、問題の場合は上記(ⅰ)となります。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集