九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ用語辞典 ワッグル(waggle)

2013/03/22

ワッグル(waggle)

ワッグル(waggle)、最近はかなりメジャーな言葉だとは思うのですが・・・・、どうでしょうかね?皆さんも十分ご承知だとは思いますが、一応初心者や、知らない方のために解説させていただきます。

各種ゴルフクラブのスイング、特にドライバーでのティーショットの場合、スウィングをスタートさせる前に、ほとんどすべてのゴルファーがクラブヘッド、あるいは手首や肩、腰、足等の身体の一部分を小刻みに動かしたりします。このスウィング開始前の予備動作をワッグル(waggle)」といいます。

意識して行う場合、または意識しない場合においても、ワッグルによってアドレスの静止状態による筋肉の硬直を解いて緩め、スムーズなテークバックをしやすくすることができます。プロの場合は、ワッグルをアドレスルーティン(ショット前に繰り返し行う一定動作)に取り入れることで、(意識的に、または無意識に近い状態で行うプロもいるようです)常に一定のスウィングリズムを保つのに役立ている人が多いと思われます。

ちなみに、ワッグルを行っている際にクラブが誤ってボールに当たって、ボールがティから落ちてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

この場合、あわてたり、焦る必要はありません。スイングを行ったわけではありませんので無罰となり、ボールを元に戻してプレーを続行して構いません。ただし、これはティショットに限ってのことです。既にインプレーとなっているのボールを動かしてしまった場合は、1打付加の上、ボールをリプレースしてプレーしなければいけません。

注意しましょうね。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集