ロール (Roll)

ロール(Roll)とは、ドライバーやフェアーウエイウッドのフェース面中央の僅かに脹らんだ垂直方行の丸みのことです。
ギア効果、即ちトウ側に当たったボールはフックし、ヒール側に当たったボールはスライスするという効果の影響を調整する機能を果たす目的で水平方向の丸み(バルジといいます)が考案されたのですが、近年は垂直方向(上下)のギア効果によってバックスピン量をコントロールする目的で垂直方向の丸み(ロール)の形状にも様々な工夫がなされているという訳ですね。
 
逆に言えば、ロールがあることによって、フェースの下に当たると低い球が出て、また反対にフェースの上部に当たると高い球が出るということですから、これを狙ってボールをコントロールすることも可能になってきているということになります。
理屈としては、ギヤ効果によってかかるボールの回転と打ち出し角のバランスを取るためにロールという丸みを持たせてあるということになります。フェース高の高いディープフェースのクラブほどロールの影響が大きくなり、このようなクラブでは、意図的にフェースの上部(あるいは下部)にボールを当てることにより低スピン高弾道(あるいは高スピン低弾道)のボールを打ち分けることが可能ということになります。
もっとも、本来の目的としては我々アマチュアのスイングによる芯を外した様なインパクトでもある程度ボール真直ぐに飛ばせるようにというクラブのメーカーによる親心なのですが・・・・・。
最近の道具はすごいですよね。プレーヤーの技術をある程度道具がカバーしてくれているということになりますね。ありがたいことですよね。かくしてゴルフは進化して行くということなのでしょう。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました