九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

リンクス(links)

2013/02/15

ゴルフ発祥の地、スコットランドのゴルフコースは一般的に「リンクス(links)」と呼ばれいます。ですが、ただ単に「海沿いの自然の地形を生かしたコース」というだけでは、実は伝統的なリンクスとは認められないらしいのです。リンクスと呼ばれるためには、本来、次の条件のほぼすべてを満たす必要があるとされているようです。

海沿いにあること
土壌が砂質で排水がいいこと
自然の地形を生かしていること。自然にできたコブや傾斜を人工的に平らにしていないこと
ラフには海岸特有の自然の植物があること
バンカーが数多くあり、ほとんどが小さくて深い(砂が風に飛ばされることを防ぐため)こと
フェアウェイに散水をしないか、しても稀なこと
立木がないか、あっても非常に少ないこと
コースが真っすぐレイアウトされ、イン・アウトが折り返しになっていること

結構条件としては多いですよね。

ちなみに、現在では英語の「links」には、単純に「ゴルフコース」の意味があります。したがって、「~リンクス」という名称のゴルフ場は、日本にもアメリカにも数多く存在しています。

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集