九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ用語辞典 寄せワン(up-and-downs)

2013/02/01

寄せワン(up-and-downs)

寄せワン(up-and-downs)」というのは、「寄せて」、「ワンパット」を縮めた言葉です。一般的にプロや上級者が「寄せワン」という場合は、結果パーでホールアウトしたということを意味しています。ただし、アベレージゴルファーの場合、「寄せワンでボギー」という使い方をすることもありますよね。

トッププロでもパーオン(2パットで規定打数以内にホールアウトできるようにグリーンに乗せること)の確率は7割に達しないケースが多いということをご存知でしょうか?。パー4なら2打目でグリーンオンできる確率としてなのですが、意外と外している場合が多いということですよね。

つまり、3割以上の確率でグリーンを外している(1ラウンドで5ホール程度はグリーンを外す)ということになります。 それでもプロの平均スコアがパープレー前後になるのは、それだけアプローチでパー(またはバーディ)を拾っているということになります。いわゆる「寄せワン(up-and-downs)」の確率が非常に高いということなんですね。さすがと言うべきなんでしょうね。

逆に言えば、我々アマチュアでも、アプローチが上手ければ、寄せワンの可能性が上がり、パーを拾える 確率も増えるということです。

ちなみに、プロがどれだけ寄せワンを決めているか示すデータがあります。それが、「スクランブル率」(※同項参照。日本男子ツアーでは「リカバリー率」)で、日米ツアーとも、ランクトップの選手は65%以上の高率で「寄せワンパー」をひろっていることが判ります。

関連記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function similar_posts() in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php:729 Stack trace: #0 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/cmd-data/...') #2 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/index.php(17): require('/home/cmd-data/...') #3 {main} thrown in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php on line 729