ヘッド重量(head weight)

皆さんは、ドライバーを選ぶ際に、「ヘッド重量(head weight)」を気にしたことがありますか?。ボールを遠くに飛ばすためには、クラブの総重量だけでなく、ヘッドの重さがどれくらいかというのが、実はとっても大事なのです。ヘッドスピードを上げるためにできるだけ軽くという人もいるようですが、ヘッドの重量による慣性モーメントがボールに与えるエネルギーの大半なのですから・・・・。
現代のクラブは、少ない力で速く振れるように全体的に軽くなっているものが多いようです。ただ、総重量を軽くするために、シャフトだけでなく、ヘッドも軽くなっているとしたら、飛距離性能の点で疑問符がついてしまいます。先ほど記載しましたように、ヘッドの重さはそのままインパクトのエネルギーとなり、同じスピードで振るなら、ヘッドが重いほうがよりボールを飛ばすことができるからです。
つまり、軽いクラブは確かに速く振ることができるのですが、ヘッドが極端に軽いとインパクトの衝突エネルギーは少なくなり、ヘッドスピードの増加分が相殺されるかもしれないということです。そこで、クラブを選ぶ時には、軽さや振りやすさを金科玉条とするのではなく、「振り切れる範囲でいちばん重いもの」を選ぶのが良いということです。軽さよりクラブのバランスが重要な要素になります。
ちなみに、ドライバーのヘッド重量は伝統的に200g~210gになっていたのですが、現在では最も軽いもので170g台のモデルもあるようです。
アバウトな言い方になりますが、クラブを持った時に重量の割に重さを感じない(ヘッドとのバランスが良い)物は、良いものが多いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました