九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ用語辞典 ダッファー(duffer)

2012/09/27

ダッファー(Duffer)

ダフッてばかりいる下手なゴルファーのこと、元々の意味は、のろま・ダメな人 のようです。

英語で、“a bad golfer”つまり、「へたくそ」を総称する言葉として、「ダッファー(duffer)」と言うものがあります。他には、「ハッカー(hacker)」という言い方もあるのですが、「ハッカー」は普通ある特定のゴルファーに対して、侮蔑の意味をこめて使われ、「ダッファー」よりもより悪い意味の強い言葉になります。

少し詳しく説明しますと、ゴルフ場のあらゆる場所で芝生を掘り起こし、植栽された木の枝をたたき折ってプレーするゴルファーを意味します。「ハック(hack)」は、斧で叩き折る・土を掘り砕いて種を蒔くという意味があり、ここからコンピューター・ハッカーという言葉が誕生しました。「他人のシステムを開墾しながら道を切り開く不法侵入者」ということのようです。

duff(ダフ) ダフとは、ショットの際にボールの手前の地面を叩くミスを指します。それで、duffer(ダファー)とは、初心者ゴルファーや下手なゴルファーを指します、要はいつもダフってばかりいるゴルファーの意味となるわけですね。そりゃ、下手くそですよね。

ちなみに、「ダフる」という英語の表現は、「hit it fat」のほうが一般的。「ダフっちゃったよ」という場合は、「Oh, I hit it fat.」 となります。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集