九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフのトリビア 「R&A」って? 

2012/08/22

雑誌やインターネットなどで、ゴルフの特にルールに関する記載を読んでいるとよく目にするのが、「R&A」という文字です。ここでは、この「R&A」について少しばかり調べてみました。

R&A」はRoyal and Ancient Golf Club of St. Andrews」の略で、日本語で表記すれば「ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュース」となります。「R&A」は、ゴルフ競技の世界的な総本山として知られていますが、イギリス連合王国一つである、スコットランド国・セント・アンドルーズにあるゴルフクラブの名称なんですね。

1754年創設の世界で最も古いゴルフクラブであり、尚且つ英国には正式な協会組織がないので、R&Aが全英ゴルフ協会の役割を果たす最高機関となっています。正式なゴルフ協会組織がイギリスには無いというのも「へ~~っ!!」という感じでびっくりしました。そんな訳で、USGA(全米ゴルフ協会)と共に、世界で最も権威のあるゴルフクラブ(協会)になります。またオールドコースは5年に1度全英オープン」が開催されるコースとしても有名ですね。

R&A」では、「1ラウンドは18ホール」「クラブ本数は14本まで」など現在のゴルフの世界基準となるルールが制定され、「ゴルフの総本山」と呼ばれるような不動の地位を築き上げました。この権威は今も継承されており、現在のゴルフのルール改正など新たなルールの制定は、R&Aと米国ゴルフ協会(USGA)とで協議して決められています。

近年話題となったドライバーの「反発係数」や「ウェッジの溝の切り方」等に関して、R&Aのホームページに「高反発・違反クラブ」と「ルール適合クラブ」のリストや溝の切り方等に関する詳細な規定が掲載されています。

それから、セントアンドリュースは「ゴルフ発祥の地」と言われ、「ゴルフの総本山」と言われるR&Aがあるため、「ゴルフの聖地」とも呼ばれています。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集