九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

修理地(ground under repair)

2012/08/06

ゴルフコース内の様々な杭とその意味

ゴルフコースには、OBゾーンや、ウォーターハザードのように、プレーに適さない場所が幾つか存在します。それらは多くの場合、色の付いた杭でその境界が示されているのですが・・・・・。例えば、白杭はOB、黄杭はウォーターハザード、赤杭はラテラルウォーターハザードという具合なのですが、もうひとつコースでよく見かけるのが「青杭」ですね。この青い色で塗られた杭で示されている区域は、「修理地(ground under repair)」となります。

修理地」は、部分的に芝の張り替えを行っている所であるとかの、文字通り「修理している場所」のことなんですが、委員会(コース)がある特定の場所からのプレーを禁止したいときに、その場所を修理地として宣言することがあります。例えば、雨後のぬかるみの強い個所など、そこからプレーすることで芝のダメージが大きくなることが予想される場合などになります。

ちなみに、特に杭などによる表示がなくても、「他に移す目的で積み上げられている物(土砂や芝生など)」、「グリーンキーパーが作った穴」は修理地となります。修理地はルールで定義される「異常なグラウンド状態」のひとつなので、そこにボールがある場合は、ルールにより救済が受けられることになります。

関連記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function similar_posts() in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php:729 Stack trace: #0 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/cmd-data/...') #2 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/index.php(17): require('/home/cmd-data/...') #3 {main} thrown in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php on line 729