九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

くまもと阿蘇カントリークラブ 湯の谷コース 60周年

2012/03/10

戦後初の熊本に於けるゴルフ場として、昭和27年(1952年)オープンした「熊本カンツリークラブ」が始まりですが、名称も近隣の阿蘇ゴルフクラブの赤水コースと区別する為に昭和42年(1967年)に変更し、「くまもと阿蘇カントリークラブ 湯の谷コース」となり開場60周年を迎えるとの事です。

別途コースについての詳細は、ゴルフ場案内に記載していますが、名物ホールがある自然にもマッチした大変美しいゴルフ場です。

いよいよゴルフシーズン間近となり、当コースでは春のお得プランを3月31日まで開催しているとの事です。

ビジター料金

平   日:¥6,000     乗用カート4B・キャディー付

土 日 祝:¥7,000      同   上

これは管理人もお勧めですよ。  キャディー付きですよ。行くべきだと思いますが・・・・。

203高地があるばかりに「2度と行きたくない」と言っていた友人にも勧めたいと思ってます(笑)。

その他3月・4月と多くの60周年企画が準備中との事ですので、詳細が判明次第また紹介していこうと思っております。

 

くまもと阿蘇カントリークラブ 湯の谷コース概要

くまもと阿蘇カントリークラブ 湯の谷コースは、阿蘇郡南阿蘇村にあるゴルフ場になります。

アクセスは熊本市内からは、R57号線を阿蘇方面へ立野を過ぎて、阿蘇登山道路入り口手前のセブンイレブンの先の信号(下野)を右折、途中猿回し劇場や阿蘇ファームランド等を通り過ぎながら道なりに阿蘇火口方面へ約5㌔行くと左手にまだ新しいクラブハウスが見えてきます。

湯の谷コースは60年(平成23年時点)の歴史を誇る熊本で一番古い名門コースです。小さいときによく阿蘇方面に家族でドライブに連れて行ってもらっていたのですが、横を通る度にとても優雅な感じがしてどんな人たちが何をしてるのだろう(小さくてゴルフがどんな物か知りませんでしたので・・・)と、その場所の綺麗さや美しさに感心していました。

昭和27年秋に開場。 ゴルフ場の設計の名匠である、井上 誠一 氏、保田 与天 氏が設計を手掛け、ブルトーザーなどの機械を使用せず、自然の地形をそのまま生かしてつくられた、まさに手づくりのゴルフコースとなっています。

各コースごとに自然の織りなす変化を味わいながらプレイができ、それが湯の谷コースの一番の魅力となっているようです。

2010年4月16日に新しくクラブハウスの新築工事及びコースの整備も整い、『くまもと阿蘇カントリークラブ湯の谷コース』がグランドオープンしました。新しくて気持ちいいですよ。

名物ホール「馬の背・203高地など」もあり、とても楽しめる(人によりますか?)と思います。友人の一人は「あそこには絶対行かん」といってました。203高地でよほど酷い目にあったようです。

従業員の方々の対応も大変良く、名門とはこういうことかと関心した次第です。(管理人の個人的な感想です)

といっても変に格調高く、敷居が高いような雰囲気ではけしてありませんよ。逆にとってもアットホームな感じですし、料金もそんなには・・・・ですよ。

平日のセルフなどは、絶対お勧めです。

くまもと阿蘇カントリークラブ 湯の谷コース

ゴルフ場名 くまもと阿蘇カントリークラブ 湯之谷コース
所在地 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5992-2
TEL 0967-67-0321
URL http://aso-yunotani.co.jp
ホール数 18 H  Par 72
IN 3,020/R  3,230/B  Par 36
OUT 3,067/R  3,257/B  Par 36
距離合計 6,087/R  6,487/B  Par 72

アクセス

ゴルフ場の予約はこちらから

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集