九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

タメを作ったら開放する!! 上手く開放出来ていますか? 其の参

2014/08/30

其の弐からの続きになります。

ゆるゆるのコックを開放してヘッドが走り、結果、ヘッドが十分遠心力による加速を得て、インパクトを迎えます。

イメージとしては上記の通り上半身はまだやや右を向いた感じでインパクトを迎えます「※3:実際は瞬間的な動きなので、インパクトの時点でターゲットラインとスクエアー(ボールと正対して)になり、アドレス時の向きになっています」。

正確なインパクトでスウィートスポットでボールを捉えると、発生した重心移動の重力加速度とヘッドの慣性モーメントの大部分をボールに伝えることができクラブの重量分の負荷だけを手応えとして感じる事になります。良く云われる芯を食った時の打感「ヘッドに反発・反動を左程感じることもなく、かる~く当たっただけなのに?」による、心地良い打音と力強い飛球線を伴ったスイングになるのです。

この時の左腕の肘は身体の脇に付けたままで、コックをするイメージです。これは瞬間的な動きでヘッドが左の肘を支点として上向きの回転を始めるので、実際は遠心力によりターゲット方向へも引っ張られるので最後は左腕も伸びて、ヘッドの軌道が真円ではなく楕円になります。※4:スイング軸の移動分の、左肩付け根を中心点として移動した楕円となります。

その後はヘッドに引っ張られる感じで3時まで両腕が伸びて、フィニッシュへ向けて左右の腕をたたんでいきます。

「タメ」の解放(リリース)を実感できる実際的な練習方法(ドリル)として、なにか柔らかいもの(ビニールホース)や、やや長めのスポーツタオル等の先端を結んだものでスイングしてみると、その解放タイミングやタイミン後の違いによるヘッドの走り具合を実感することができると思います。

柔らかいものでスイングすると、先端(ヘッド)の方から動き出し、手元がこの動きに追従していることを実感できるでしょう。この時に握っているタオルやビニールホースを左程強く握らなくても良いことも判るはずです。

 

「タメ」を作ることと、その解放が上手くできれば、左程力を必要としないで大きなエネルギーを発生させ、ボールに伝えることができます。

上手に「タメ」を作って、上手く解放させて飛距離アップを目指しましょう!!

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集