九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフルールクイズ スルーザグリーン編 ドロップしたボール

2014/03/22

久しぶりにゴルフルールクイズで~す!

さて、今回の状況もたまにありがちな状況です。ティーショットをややミスしてフェアーウェイを外してしまった貴方、2打地点へ行ってみるとかなり極端な左足上がりの斜面でした。そのままセカンドショットを打ったのですが、心配した通り大きくフックしてOBゾーンに行ってました。

1打罰を加えて打ち直しの4打目をドロップしたのですが、かなりの斜面なので明らかに2クラブレングス以上の所へ転がってしまいました。再度ドロップをやり直しましたが、やはり斜面なので前回同様ずっと先の方へ転がり落ちていきました。貴方は「何度やっても同じだろうから、この辺りにプレースするよ」と適当なところへボールを置こうとしたのですが・・・・・。

この場合の処置として正しいのは、次の3つのうちどれでしょうか?

1 あなたが言うように斜面なのでドロップしても転がり落ちるのは明らかなので、2打目を打った近くにボールをプレースして4打目を打つ。

2 2回目をドロップした際にやはり2クラブレングス以上に転がってしまった場合は、そのボールが止まったところから第4打目を打つ。

3 1回目に2クラブレングス以上に転がった場合は、改めてドロップしなければならないが、それでも2クラブレングス以上に転がって行ってしまったら、2回目のドロップの際に最初に地面に落ちたと思われるところに、ボールをプレースして第4打目を打つ。

 

 

 

 

 

さて、正解は3となります。

ボールがOBになった場合は、そのショットをした場所からできるだけ近い場所に1打罰を加えてプレースしなければなりません。ティーショット以外は、改めてプレーするボールはできるだけ近くにドロップしますが、どんなに急斜面だとしても結果を予測して適当にプレースすることは許されません2回目も2クラブレングス以上転がってしまった場合は、そのボールをピックアップして、2回目のドロップで最初に地面に落ちたと思われるところにプレースするのが正しい処置になります。

ルールブックでは次のように記載されています。

20-2 c 再ドロップを要する場合 の ⅵ(6)

ドロップした際に球がコース上に最初に落ちた個所から2クラブレングス以上転がって行って止まった場合。

再ドロップした場合、その球が前記の中のどれかの場所に転がって行ったときは、再ドロップした際に球がコース上に最初に落ちた個所にできるだけ近い所に、その球はプレースされなければならない。

 

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集