九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ用ストレッチ ゴルフ場に着いてから行うほぐし その参

2014/03/09

引き続き、ゴルフ場に着いてから行うほぐし(ストレッチ)についてお話しします。

今回は肩甲骨周りのストレッチです。肩甲骨や肩関節の可動域を広げてヘッドスピードの向上、スイングを安定させて肩周りの怪我の予防に役立つものとなります。

 

肘の振り回し(全回転でなく半分ほどです)

1 まずは右手からです。両足を肩幅くらいに広げて立ち、右腕を真っ直ぐ下に伸ばして構えます。

2 体の前で左側へ向かって右腕を手の平が上を向くように振り上げます。この時肘はピンと伸ばさなくてもOKです。右の肩の高さよりやや下位まで振り上げます。

3 2の体勢から振り上げた腕を逆方向へ振り下げながら、前腕を左回転させて手の平が真上を向くように反転させます。あまり無理をしないようにして肩が痛くならない所まで腕を上げます。

4 左手も同様(上記とは逆の動きです)に振り回します。

振り下げるときに肩幅に開いた足の間で体重移動を加えると更に効果的になります。具体的には右腕を左から右に振り下げるときには、左足から右足にに体重を乗せて行くようにします。反対の腕の場合は逆ですね。スイングの9時から3時までの腕の動きに似ています、前腕の回転が逆(スイングの時は右回転)ですけどね。

この動きを左右20回程度行います。1セットでOKです。

 

繰り返しますが無理をしないようにして下さい。肘が痛くなる様であれば、肘を曲げても構いません。また、肩が痛くなるまで上げる必要もありません。ストレッチですので、テンポよく軽快動かしてください。

このストレッチで胸筋・背筋・肩甲骨周辺、特に肩周りの筋肉の柔軟性が上がり、肩関節・肩甲骨の可動域を広げることができます。

今回はこの辺で・・・・・。次回は股関節周りのストレッチです。

 

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集