九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフルールクイズ スルーザグリーン編 球の捜索と確認

2014/02/16

ゴルフルールクイズの時間です!

二打目地点に来ている貴方ですが、ティーショットがやや曲がってしまってボールはフェアーウェイを外れてやや深いラフの中に入ってしまった模様です。近づいて見ると深いラフに沈んでいて自分のボールかどうかハッキリと確認することができません。

 

さてここで問題です。上記の状況で間違った処理はどれでしょうか?

①誤球を避けるためにボールを拾い上げてボールを確認した。

②自分のボールかどうか確認するためにボールの回りのラフを軽く広げてみた。

③思ったよりラフが深く、同伴競技者に立ち会いを求め、マークしてボールを拾い上げ確認した。

 

正解は①となります。ちょっと意地悪な問題でしたでしょうか?車の免許試験みたいでやや後ろめたい気がしないではなかったのですが、お許しくださいね。少しばかりひねって「間違った処置はどれでしょうか?」と言う質問でした。

 

解説です。ゴルフルールの規則12 球の捜索と確認 の規定があります。

12-1 球が見える限度・球の捜索

プレーヤーは、ストロークを行う時に自分の球が見える状態にあることが必ずしも認められている訳ではない。コース上のどこにあっても、自分の球を探す際に、プレーヤーは長い草や、いぐさ、かん木、ハリエニシダ、ヒースなどに触れたり、曲げることはできるが、その限度は球を見つけてそれが自分の球であるかどうかを確かめるのに必要な限度までである。ただし、そのことによって球のライや意図するスタンスやスイングの区域、またはプレーの線を改善してはならない。球が動かされた場合、この規則のaからdに規定されている場合以外は、規則18-2aが適用(1打罰)となる。

 

長くなってしまいましたので、続きは次回という事で・・・・・・・・。

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集