九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ用ストレッチ スイング動作を助ける(身体機能を高くする) その弐

2014/01/06

お待たせいたしました。前回の続きです。イヤイヤ、けっして引き伸ばしている訳ではありませんよ、誤解の無いようにお願いいたします。

背中・脇腹・お腹の筋肉をほぐすストレッチ、「クラブ捻り」

「クラブ捻り」?? といってもけっしてゴルフクラブを捻る訳ではありませんよ。(笑)ゴルフクラブを利用して体を捻るストレッチになります。

背中や脇腹、お腹周りの筋肉をほぐします。ポイントはこれまでと同様無理をしないこと、リラックスした状態でおこなうことです。今回は特に腰を無理に捻らないで、みぞおちあたりを中心に胸部から上側全体を捻るようにします。

準備するものは椅子とゴルフクラブ(アイアンでも良いのですが、長めのウッドが無理をしないで良いのでお勧めです)になります。

①椅子に座り、両足を肩幅くらいに広げます。クラブを背中に抱えて(首の後ろに乗せて、肩甲骨に乗せる感じでクラブヘッドの付け根と、グリップのヘッド側先端辺りをもって)楽に持てる幅で手を添えます。しっかりクラブを握らな いように手をクラブに引っ掛ける感じでOKです。

②リラックスした状態でやや胸を張り、クラブを水平に保ったまま回して、体を捻ります。この時お尻がずれないよう に注意します。

③背中・脇腹・お腹が十分に伸びている感じがしたら、弾ませるようにして元の位置に戻します。戻す時に正面で止めないようにして、反対側へ捻っていきます。この動作を左右で繰り返します。

左右を1回として、10回ほどを1セットとします。1分間のインターバルを置いて2~3セットほど行ってください。決して無理をして捻らないこと、痛みを感じたらそれ以上行わないようにしましょう。徐々に増やせればOKです。

物足りないとおっしゃる方は、クラブに腕を巻きつけるようにして腕をクラブに乗せて上記の運動を行ってみてください。やや強いストレッチを感じることができるでしょう。同時に肩関節のストレッチにもなります。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集