ゴルフ用語辞典 マレット(Mallet)

お知らせ&更新情報

マレット(Mallet)」とは?、通常「かまぼこ型と呼ばれるヘッドの後ろが丸い形状のパターの事ですね。ただし、形状がやや角ばっていてもマレットと呼ばれているようです。
元々の意味は「槌」「木槌」の意味で、ポロやクロケットの打球槌の事をマレットとよびます。マレット型のパターの長所は、L字型やT字型のようにクラブヘッドが細い形状のパターと比べて重量があるので、タップ式に「パチッ」と打つと小さなストロークでも転がりの良いボールを打つことができるということでしょう。
特徴は重心位置が後方にあることで、重心深度が深くなります。重心深度が深くなるとどうなるのかと言いますと、パターが左右にぶれず、直線的なイメージでトロークだ出来ることでしょう。ですから肩でストロークするようなタイプの人には大変扱いやすいパターだと言えるでしょう。
ただしフェイスコントロールによるパッティングをしたい人には不向きとなります。フェイスをテイクバックで開いて、インパクトでまた閉じるといったストロークをしたい場合は、マレットタイプよりもピンタイプやL字タイプのパターが向いていると言えるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました