LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 大会2日目 熊本県出身プロの成績

お知らせ&更新情報

2013年度LPGAツアー最終戦『LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』(賞金総額1億円、優勝賞金2,500万円)大会2日目、宮崎県宮崎市宮崎カントリークラブ(6,451ヤード/パー72)。(天候:晴れ、気温:12℃、風速:3.8メートル)
この日、難グリーンに各選手が苦戦する中、単独首位は我らが熊本県出身プロ、通算4アンダーの大山 志保 プロ。続いて1打差の2位タイ(-3)グループにイ ボミ プロ・アン ソンジュ プロ・イ ナリ プロと韓国勢3名が続いています。注目の賞金女王レースを展開している賞金ランク1位の森田 理香子 プロは、スコアを1つ落として、通算3オーバーの14位タイ。同2位の横峯 さくら プロは、ショットの不調でこの日4オーバーと大きく後退して、通算6オーバーの20位タイという結果のようです。
その他の熊本県出身プロの成績はというと、トップから7打差の(+3)の12位タイグループに一ノ瀬 優希 プロ、更に1打差の15位タイ(+4)に笠 りつ子 プロといったところです。

 

 
 
 
後半戦残り2日、大山 志保 プロは首位をキープしてもらって、後の二人は、スコアーを爆発させて上位を目指していただきたいと思います。28名の出場選手の中で争われている本大会、女子プロの中でもトッププロといわれる選手ばかりですので、誰が上位に来てもおかしくありません。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました