九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフルール問題 バンカー編

2013/11/21

久しぶりにゴルフのルール問題です。

初心者の職場の若手を連れてコースへ出た貴方、途中で次のような状況に出会ってしまいました。フェアーウェイバンカーにボールを打ち込んでしまった若手のA君、ルールについてはまだほとんど知らない彼は、バンカー内で3回素振りをしたのですが、その際にクラブヘッドが2回バンカー内の砂に触れてしまいました。この場合、A君には何打の罰が付くのでしょうか?

(1)2罰打

(2)4罰打

(3)6罰打

 

 

 

 

 

正解は、(1)の2罰打 となります。

自分の球がバンカー内にあるのに、クラブでそのバンカー内の地面に触れた行為に対してA君には2打の罰が課せられます(規則13-4参照)。バンカー内での素振り(回数を含め)については特に問題はないのですが、砂に触れてしまうと罰が付けられてしまいます。

ここで問題となるのが、A君が2回砂に触れてしまったことですが、罰がその回数分 課されるかどうか?です。 その答えは、

ゴルフ規則裁定集1-4/12 プレーヤーが2回以上規則違反をした場合

同規則3.関連する行為が一つの規則に2回以上違反する結果となる- 一つの罰が適用となる。

例1:ストロークプレーで競技者はハザード内で数回練習スイングをしてその都度地面に触れた。練習スイングは一つの規則の違反となる行為に関連する。裁定は規則13-4bに基づく1つの2打の罰となる(裁定13-4/3参照。ただし原則6の例3も参照のこと)。

とまさに今回と同様のケースが例題として紹介されています。つまり、A君が1回目にクラブを地面につけた時点で2罰打となり、2回目にクラブが地面に触れたのは一連の行為と見なされ、罰は重課されないというわけですね。
ただし、2打罰を受けた後、バンカーショットに失敗し、球がまだバンカー内にあるにもかかわらず、再度練習スイングでバンカー内の地面に触れたら? その場合は、この原則が適用されず、新たに2打の罰が加わるのでご注意を・・・・・・・・・。

 

ちなみに、ゴルフ規則裁定集1-4/12

規則1 と 2 は次のように記載されています。

1 .1回の行為が1つの規則に2回以上違反する結果となる。 - 1つの罰が適用される。

2 .1回の行為が2つの規則に違反する結果となる。 - 1つの罰が適用される

絶対ではありませんが、ほぼ二重に罰を受けることは無い様ですね。参考になりましたでしょうか?
誤解しやすい部分がありますので、一応記載しておきますが、練習ストロークは禁止されていますが、練習スイングは大丈夫です。ではその違いは?練習ストロークとは、練習のために ボールを打つ意図を持ってクラブを振り、ボール (プラスチックの練習用ボールなども含め) を打つ行為ということになります。ですから練習ストロークについては 様々な制限がなされており、注意が必要な訳ですね。
では、練習スイングとは?ただ クラブを振る、所謂、素振りの行為のことです。練習スイングに対するルール上の制限は基本的に有りません。しかしながらマナーの点で注意が必要です。練習だと言って足で砂を払うような行為は砂質のテストに該当しますので、2打罰になります。厳しく言えば、このような誤解をされないように、素振りもしない方が良いかもしれません。
ともあれ、コースではいつでもルールの確認ができるよう、ルールハンドブックをゴルフバッグに入れておきましょうね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集