九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

コニカミノルタ杯での佐伯 三貴 プロの失格の理由 2

2013/09/20

昨日の続きです。コニカミノルタ杯での佐伯 三貴 プロが失格になった顛末です。

クラブハウスに戻ってきた佐伯 プロ、父親からスコアーの署名について確認され、「ハッ」としてLPGAの委員会へ確認に行きました。確認すると、やはり佐伯 プロのスコアカードには2人分のサインは無く、ゴルフ規則6-6-b「スコアカードの署名と提出」の違反により、残念ながら佐伯 プロには失格の裁定が下されたのでした。

後のインタビューで佐伯 プロは以下のように答えていました。

「自分(のスコア)が悪いからしょうがないけど、カーッときていて(注意不足になった)・・・・・・・・・。黙っていることも出来たけど、自分に嘘はつけない。あとメジャーは2つあるし・・・・・。佐伯、頑張ります!」残りのトーナメントは3試合(内メジャー大会が2回)、気持ちを切り替えて頑張って欲しいと思います。

 

念のため、以下にルールブックの記載を乗せておきますね。競技会へ参加するという人は参考にしてください。

規則 6 プレーヤー

6-6 ストロークプレーのスコアー

6-6-a スコアーの記録 各ホールのプレーを終えたあと、マーカーは競技者にそのスコアーを確かめて記録すべきである。また、ラウンドを終わり次第マーカーはスコアーカードに署名して競技者に渡さなければならない。複数のマーカーがスコアーを記録した場合には、それぞれ受け持ちの部分に対して署名しなければならない。

6-6-b  スコアーカードの署名と提出 ラウンドを終えたあと、競技者は各ホールにつき自分のスコアーを確かめ、疑問点があれば委員会に質問して解決すべきである。競技者はマーカーがスコアーカードに署名していることを確かめ、競技者自身もスコアーカードに署名し、できるだけ早くスコアーカードを委員会に提出しなければならない。

規則6-6-b  の違反の罰は 競技失格                                        ※赤文字は管理人による判りやすくするための色付けです。

 

関連記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function similar_posts() in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php:729 Stack trace: #0 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/cmd-data/...') #2 /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/index.php(17): require('/home/cmd-data/...') #3 {main} thrown in /home/cmd-data/golf-fine.com/public_html/wp-content/themes/fukuma/index.php on line 729