九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフの科学的考察 長尺ドライバー その壱

2013/09/12

前回のゴルフの科学的考察ドライバーの選び方、特にその「重さが重要なポイントである旨、記載しましたが、今回はその「長さ」について記載してみたいと思います。

前回のお話でドライバーの選び方、特にその重量について記載しましたが、基本的に長さを45インチとした場合のお話でした。しかしながら最近は46インチ、イヤイヤ更に長くなって47インチといった所謂、「長尺ドライバー」といったものまで登場している次第ですよね。

何故長くなるのか?基本としてシャフトが長くなればなるほど、遠心力が大きくなってヘッドスピードが上がり、飛距離が出やすくなるからですね。ここで問題になるのが、前回お話ししたクラブの重量なのです。長尺のものになればなるほど、「クラブ総重量」は軽くなってゆきます。

理由は??、そうですシャフトが長くなってクラブヘッドの重量がそのままですと、スイングを行う時にとても重く感じてしまうからです。そうなると、重すぎて振り切れなくなってしまいます。結果、しっかり振り切る為には、クラブシャフトが長くなればなるほど「クラブの総重量」は軽くならないといけないと云う訳ですね。

具体的な数字を記載してみますと、例えば45インチのドライバーで適正な総重量が320gであったゴルファーが46インチの長尺ドライバーへ取り換えるとした場合、約10g程軽くなって、310gくらいの重量となります。更に長く47インチにする場合は、300g以下にしないと十分振り切れないものと思われます。

個人差がありますので、ご自分に合った重量を見極めておく必要がありそうです。最近は多くのショップでヘッドスピードの測定等が可能になっていますので、色々なクラブを試してみて、最も振りやすい(ヘッドスピードが出る)重さのクラブを確認したうえで選ぶようにしてはでどうでしょうか?

長くなりそうなので、続きは次回という事で・・・・・・・・。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集