九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフルールクイズ スルーザグリーン編 めり込んでしまったボール

2013/08/20

本番のコースで天候に恵まれず雨に降られて、ずぶ濡れになったり、スコアーを崩してしまったりしたこと、皆さんにもおありだと思います。途中からの雨だと左程でもないと思いますが、前日結構な雨が振った後のコースでのプレーって結構大変な場合がありますよね。

そう、例えば放ったショット、これは!今日一のショットでフェアーウェイど真ん中!、落下地点へ行ってみると、ボールが見当たらず、よ~~く探してみたら「フェアウェイの芝にめり込んでいた。」ってことありませんか?

まぁ、シュチュエーションは様々な場合が考えられます(ナイスショットでなくて大テンプラだったりとか、落下地点がラフだったり、フェアーウェイバンカーだったり)が、稀にボールが地面にめり込んでしまう事、ありますよね。このような場合のボールの処理について皆さんご存知でしょうか?

 

それでは今日の問題です。状況としては以下の通りです。前日の雨でややぬかるんだラフへティーショットが行ってしまいました。落下地点に行くとボールが芝にめり込んでいます。この場合の処置として間違った選択は、以下のうちどれでしょうか?

①あるがままでのプレーが原則なので、そのままの状態から次のショットを打つ。

②異常なグランド状態として、無罰でホールに近づかない場所へドロップができる。

③アンプレアブルとして1打罰で、1クラブレングス以内へドロップして打つ

 

 

 

 

さて正解は②となります。ちょっと意地悪でしたでしょうかね。問題は間違った選択は?という事でしたので、①③は正し処置となります。以下解説になります。

フェアーウェイであれば、無罰で拾い上げてボールを拭くこともできるのですが、ラフの場合は、あるがままの状態でプレーを続けるか、アンプレアブルとして1打罰の上ドロップするしか方法がありません。この辺曖昧になっていませんでしたか? まぁ、フェアウェイの場合は問題なく救済の処置ができていたと思いますが、ラフに入っていた場合、探し出すことがまずできないかもしれませんね。

私はティーショットで確かにフェアウェイーセンターに落ちるのを確認していたにもかかわらず、ボールを発見することが出来なかったと言う経験があります。結局、ロストボールという事で処理したのですが、ルールをもう少し知っていれば、無罰でドロップできた可能性もあったのですが・・・・・。

長くなりましたので、詳しい解説は次回という事で・・・・。

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集