九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

LPGAツアー第32戦『富士通レディース』大会最終日。成績上位者と熊本県出身プロの成績。

2018/10/15

LPGAツアー第32戦富士通レディース』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)大会最終日。千葉県千葉市・東急セブンハンドレッドクラブ西コース(6,675ヤード/パー72)(天候:雨のち曇り 気温:17.9℃ 風速:3.7m/s)

 

成田 美鈴 プロが最終日、首位と2打差からのスタートで優勝を目指しました。結果は、6バーディー2ボギーの「68」、通算8アンダーの逆転優勝!。プロになってからのLPGAツアー初優勝が2012年のこの大会。やや因縁めいたものを感じるのは私だけではないでしょう。しかも前回優勝時とほぼ同じ様な状況での逆転優勝。今季通算3勝目となる優勝を勝ち取りました。1打差の2位(-7)にアン・ソンジュ プロ、3位タイ(-6)には、松田 鈴英 プロ・三ヶ島 かな プロ・イ ミニョン プロが入りました。

逆転の成田 美寿々!ともいわれている通りの結果になってしまいましたね。優勝のインタビューでも「2012年、ここで初優勝した時もスタンドで観戦。それで優勝が決まって、おめでとうという感じでした。今回も最終組ではなかったし、何となく景色が同じだったのかなぁ」。18番をボギーとして追随するアン・ソンジュ プロに並ばれました。ホールアウトした場所で最終組のプレーを見守り、1m強につけたアン ソンジュ プロの3打目を見てプレーオフを覚悟していたのですが・・・、「ホールアウトして、プレーオフだけを考えていた。それが、まさか、百戦錬磨のアンさんがパーパットを外すとは…。皆さんも同様でしょう。勝負は、こういうこともあるのか、と改めて感じた」という。

熊本県出身プロの成績は以下の通りでした。

最上位は6位タイ(-5)の一ノ瀬 優希 プロ、初日20位タイ(-1)、2日目10位タイ(-3)と少しづつ上位に上がりトップと3打差の好位置につけて最終日期待していたのですが、わずかに及びませんでしたね。ついで24位タイ(E)の豊永 志帆 プロ、初日13位タイ(-2)、2日目28位タイ(-1)とスコアーを落として臨んだ最終日、トップとは5打差十分に逆転の可能性があったのですが、伸ばせませんでしたね。そして33位タイ(+2)の笠 りつ子 プロ、初日は20位タイ(-1)と良い位置にいましたが、2日めに伸ばせませんでしたね。最終日はトップと6打差、可能性は十分でしたけれど・・・。

残念ながら予選落ちでしたのが、大里 桃子 プロ・大山 志保 プロの二人でした。

今週は5名参加、うち3名が決勝ラウンドへ残り最上位が6位タイ(-5)の一ノ瀬 優希 プロということでまぁまぁ・・・、という感じでしょうかね。ツアーの残り試合も6試合を残すのみという状況です。是非、熊本県出身プロの人達には頑張って頂いて、優勝の二文字を熊本へ届けていただきたいと思います。

みんな~~、がんばれ~!!、応援してますよ!!

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集