九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

LPGAツアー第9戦『サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント』大会最終日。成績上位者と熊本県出身プロの成績

2018/04/30

LPGAツアー第9戦サイバーエージェントレディースゴルフトーナメント』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)大会最終日。静岡県三島市・グランフィールズカントリークラブ(6,515ヤード・パー72)(天候:晴れ 気温:24.6℃ 風速:3.9m/s)

プロ2年目の新垣 比菜 プロが、通算11アンダーでツアー初優勝を勝ち取りました。19歳での優勝は3人目(勝 みなみ・畑岡 奈沙に次いで)、ゴールデンエイジと呼ばれている中から新たなスターの誕生です。2位(-8)は柏原 明日架 プロ。3位タイ(-7)に鈴木 愛 プロ・永井 花奈 プロが入りました。

優勝インタビューでの新垣 比菜 プロは、しっかり言葉を選びながら、「1日中、ヒヤヒヤしていた。心臓が痛かった」・「朝、練習グリーンで、(勝)みなみに、緊張したらどうしたらいい、と質問をしたら、ショットの前に水を飲み、それでもダメなら、何かを食べるといい、といわれた。なるほど、と思ってスタートしたけど、気がついたら、そんなことをすべて忘れて…。深呼吸ぐらいはしましたけど」との弁。

18番での優勝を決めたウイニングパットの時も、ひさしに右手をそっと当てて会釈をしただけで、大げさなガッツポーズはありませんでした。緊張していたのならこの瞬間に弾けて「ガッツポーズ」をしても良さそうでしたが・・・。よほど緊張していたのか?又は日頃から喜怒哀楽の少ないいつもの新垣 比菜 プロの冷静さなのでしょうか?

熊本県出身プロの成績は以下の通りでした。

最上位は23位タイ(+1)の笠 りつ子 プロ、最終日は6ボギー・1バーディーのトータル(+5)と調子が悪かったようです。とは言えしっかり決勝へ進んで23/57位なのでさすが!とも言えます。次いで・・・、他には決勝ラウンドに進んだプロはいませんでした。残念!!

予選落ちでしたのは、1打差で涙をのんだ有村 智恵 プロを初めとして・大里 桃子 プロ・豊永 志帆 プロの3名、ということで今週は参加4名中、決勝へ1名のみ。やや残念!?な形です。

まぁ、調子が上がってきている県出身プロも見られますので、今後に期待しましょう。

 

みんな~、がんばれ~~!! 応援してますよ!!

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集