九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

2018年LPGAツアー第3戦『Tポイントレディス ゴルフトーナメント』大会最終日。成績上位者と熊本県出身プロの成績

2018/03/19

2018年LPGAツアー第3戦Tポイントレディス ゴルフトーナメント』(賞金総額・5,250万円/優勝賞金・945万円)大会最終日。大阪府茨木市・茨木国際ゴルフ倶楽部/6,261ヤード・パー71)(天候:晴れ 気温:15.3℃ 風速:1.1m/s)

結果としては、ようやく・やっと・・・と言ったら失礼でしょうね。昨年の賞金女王がその力を見事に発揮したと言えるでしょう。開幕から3連続の優勝争いを演じ、1段づつ階段をあがるように3回目で優勝!!流石というか、見事!としか言いようがありません。

鈴木 愛 プロが(-8)で今季初優勝を勝ち取りました。2位は1打差の(-7)で全・美貞(ジョン・ミジョン)プロ、3位(-6)で酒井 美紀 プロが入りました。

1回も首位を奪われること無く最少差の1打差!での優勝。昨年の「アースモンダミンカップ」以来9ヶ月ぶりのタイトル奪取、何度もチャンスは有りましたがなかなか思うような展開ができずに長い間優勝の二文字から離れていました。ということでようやくの優勝に安堵の表情を浮かべていました。

インタビューでも「久しぶりに勝てました。去年のアース・モンダミンカップ以来です。チャンスは何度もあったけど、勝ちきれない。やっとですね」「今回は、内容を重視がテーマ。あえて、スコアボードは見ずにプレーをした。18番のパーパットまで、キャディさんに確認していない」とのことで、自分らしい戦い方と持ち味を十分に活かした形での優勝で、更に自信を深めた様子でした。

 

熊本県出身プロの成績は以下の通りでした。

最上位は、13位タイ(0)の有村 智恵 プロ、最終日の出だしの連続ボギーが響きましたかね。中止の2日目から最終日までスコアーを伸ばすことが出来ませんでした。ですが、今年はなんだか結果が出そうな・・・、そんな予感を感じましたね。次いで16位タイ(+1)の豊永 志帆 プロ、最終日-1とアンダーで廻りましたが、初日の+2を取り戻せませんでした。更に1打差(+2)で笠 りつ子 プロ、イマイチの感じでしょうかね。今後の調子のアップを期待しましょう。そして34位タイ(+3)の上田 桃子 プロ、最終日3番ではイーグル、7番・9番ではバーディーとしたのですが、出だしで2連続ボギー、6番でのダボとやや出入りの大きなゴルフでした。そして40位タイ(+4)の大里 桃子 プロ、前半は3バーディー1ボギーとスコアーを伸ばして後半に期待したのですが・・・、後半冴えず5ボギーとしてしまいました。次回以降に期待しましょう!!

予選落ちだったのは、一ノ瀬 優希 プロ一人でした。初日の最終ホールのダボがなければ・・・、タラレバですが予選通過だったのですが・・・。

ということで参加6名中5名が予選通過、最上位が13位と言うことでまぁまぁといった感じでしょうか?ファンとしてはやや欲求不満もあるとは思いますが、今後徐々に調子を上げていってくれることでしょう。

何はともあれ、シーズンもスタートして新しい顔ぶれも増えました。

みんな~がんばれ~~!!応援してますよ!!

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集