九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

本コースで使いたい「ちょっとした技」、ティーインググランドでのティーの挿し場所は?

2015/06/25

ティーアップの場所

大した事ではないかもしれませんが、皆さんティーアップする時にどのような場所を探してティーを挿していますか?

多くのゴルファーが、あまりグランドが荒れていない所を探してティーアップしているようですが・・・。

「えっ!ダメなの?」そう思った貴方は、上記のような場所を探していたということですよね。いや,ちゃんと理由があって、そこに挿しているのなら良いのですが・・・。その場所に決めた理由はキチンと論理的な説明ができますか?

「論理的な説明?」すみません。難しいことを言うつもりではなかったのですが、この決めた理由、ここがポイントなものですから・・。確かにディポットだらけの場所は場荒れした感じで普通ならあまり良い気はしませんよね。何となく避けたい気持ちはよく判ります。

ディボット跡が多くある理由は?

しかしながら、よくよく考えて見るとその場荒れした場所が、ベストポジションを最も狙いやすい場所だと多くの人が考えて設定した証拠ということになります。特にショートホールの場合は、多くの人がそこからショットしたことになります。そのような場所は、スタンスを取る足場も平で踏み固められて安定していることから、スイングもいつも通りに簡単に振れる可能性が高いことになります。

加えて、ディボット跡は、とても有効な目印(スパット)になるわけです。となれば、ピン(もしくはグリーン)とディボット跡を結んだ後方にティーアップすれば、ほぼ正しい方向と軌道でスイングが出来るということになります。※あまり離れてはダメですよ。

ミスをする確率がかなり減るのではないでしょうか。

ちょっとしたことではありますが、ティーインググランドのディボット跡は、邪険にしないで結構参考になる情報なのですから、上手に利用しましょう。

皆さんの参考になれば、幸いです。

本コースで使いたい「ちょっとした技」、ティーインググランドでのティーの挿し場所は?のお知らせ・キャンペーン情報・格安プラン情報

現在、情報はありません。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集