九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

本番のコースで使いたい「ちょっとした技」、雨の日の注意点!

2015/06/12

雨の日のラウンドは好きですか?

まずは質問です!。皆さんは、雨の日のラウンドは好きですか?「好きな奴なんているの?」・・・・。そうでしょうね、「雨の日大好き!!」と言ってる人をこれまでほぼ見たことがありません。(もちろん例外はありますけどね)

時期的にも九州は全域梅雨入り(6月3日)しましたし、タイムリーな話題で良いのでは?ということで、雨の日のラウンドで使える「ちょいとした技、と言うか注意点(コツ)」について記載してみますね。

多くの方は、「雨の日は苦手」もしくは「嫌い」でしょう?。濡れるし、グリップは滑るし、ボールは飛ばないし、雨具はあまり気持ちよくないし・・・、なにが理由でも良いのですが、結局のところ、経験上「雨の日はスコアーが悪くなるから・・・」ですよね。ですから、嫌いになる理由はいくらでも出てきてしまいます。

では、止む無く雨の日のプレーとなってしまった場合に、スコアーの乱れを最小限にするために、ちょっとだけ工夫すべきこととは?この辺について少し考えてみましょう。

 

1.グリップを濡らさないこと

まずは第一条件としてグリップ、最近のグローブは進化していて雨天でも滑らない高性能のものも販売されていますが、どんなにグローブが良くてもグリップが濡れていてはその性能も十分に発揮できないままで終わってしまいます。どんな高級品と言えども、濡れていないに越したことはありませんからね。

対策としては、地味ではありますが、「都度、グリップをタオルで拭いておく」これが一番ですね。当然ですが、替えのタオル・グローブ共に少なくとも2~3枚は用意しておきたいものです。新品でなくても良いので、洗って乾かしておいた古いもので十分です。高級品を買えない私等は特にこちらをお勧め致します。・・・・・負け惜しみですよ。(笑)

晴天の日のスイングでさえどこに行くか判らないのに、ましてや雨でグリップが濡れて、緩んだり、滑ったりしてはまともなスイングさえ難しくなるのですから・・・・。

 

やや長くなりそうですので、続きは次回行こということで・・・。

もう少し、気を付けておきたいことがあります。

本番のコースで使いたい「ちょっとした技」、雨の日の注意点!のお知らせ・キャンペーン情報・格安プラン情報

現在、情報はありません。

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集