九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

熊本の新着ゴルフ情報

ゴルフ、ルールクイズ グリーン編  ピンを抜く・抜かない

2013/06/14

さて、ゴルフのルールに関する問題です。実際のプレーでよくあるシチュエーションだと思いますので、覚えておいて損はないですよ。

状況としては以下の通りですが、場所はグリーン上、もしくはグリーン回りからパットをした場合になります。この中で処置として正しいのはどの場合でしょうか?

①.グリーン上でパットをした際に、キャディーさんが他の事に気を取られて、ピン(旗竿)を抜くのが遅れこのピンにパッティングしたボールが当たってしまった。キャディーさんのせいで、打った自分には罰はない。

②.グリーン上で、キャディーさんがピンを抜いていたが、パッティングを外してしまい、抜いておいたピンにカップ(ホール)を通り過ぎたボールが当たってしまった。カップを通り過ぎていたので罰はない。

③.グリーンエッジからのパッティングだったので、ピンを抜かないまま打ったら、ピンに当たってしまった。グリーン上ではなかったので、罰はない。

 

 

 

 

さて、正解は、③の処置が正し良いものとなります。グリーンエッジはグリーン上ではありません。他は2打罰になりますね。これはルールブックの規則 17-旗竿 の項に記載があります。

17-3 球が旗竿や、旗竿に付き添っている人に当たった場合                        プレーヤーの球は、次の物に当たってはならない。

a:人が付き添ったり、取り除いたり、差し上げた旗竿

b:旗竿に付き添ったり、差し上げている人、またはその人が持っていたもの

c:球がパッティンググリーン上でストロークされた場合で、ホールの中に立っていて人に付き添われていなかった旗竿

※例外として、マッチプレーにおいては、プレーヤーの許可なしに付き添われていたり、取り除かれていたり、差し上げられていた旗竿は除かれます。(無罰です)

これらについての罰は、「マッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは、2打罰、その球はあるがままの状態でプレーしなければならない。」となっています。

グリーン上では、ピンを抜いてもらうようにしましょうね。また、ピンを抜く場合、各人のライン上以外の場所で、仮に外した場合でも当たる恐れのない所へ置いておくようにしましょう。これも立派なマナーですよ。

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集