九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

ラウンド前日までにやっておくべき事・・・。

2012/03/16

今回は、ラウンド前日までにやっておくべき事、やってはいけない事についてです。

管理人が色々な人から教わり、「これは為になるんじゃないかな〜」って事を書いてみます。

決して管理人が「実行できている」という訳ではありませんし、この様になりたいという希望的観測を含めての事ですので軽く読み進めて頂ければ結構です。

本番のラウンドで良い成績を残す為に必要な内容の割合は、スイングそのものが3割で残りはコース攻略のためのコースマネジメントだと言われています。

どのような事に気をつけて、何をどうすれば結果が出せるのでしょうか? 以下にその内容を記載してみます。

①前日の練習で無理をしない事

前日の練習では、軽く体を慣らして「ゴルフの動きを体に思い出させる」って位にして、余り多くのボールを打たない事。練習に行って調子が出ないと、ナイスショットを求めてついついムキになってしまい結果、オーバーワークになって「翌日の本番でさっぱりだった」ってこと皆さん経験ありませんか? 管理人はよ〜くやっちゃってました。

無理をして筋肉痛のままだったり、どこかの部分(手首とか腰とか)を痛めたりとか、これでは結果は目に見えてますよね。(もちろん怪我の功名ってこともなくはないのですが、余り期待しない方がよいでしょう。)

②各クラブの平均飛距離を把握しておく事。

まず大切な事、ラウンドの前日までに自分の各クラブの平均飛距離を把握して於かなくてはなりません。しかも調子の良い時の最も飛んだ距離ではなく、冷静に客観的に見た場合の今現在のデータが必要です。

私も含めて多くの方が、見栄なのか或は都合の悪い事はすぐに忘れるのか、どちらなのか解りませんが、良く飛んだ記憶で番手を決めてしまいがちです。皆さん身に覚えがあると思いますが、いかがですか?

繰り返し書きますが、「冷静に客観的に見た場合の、今現在のデータとして各クラブの平均飛距離」ですよ。

ただし、全てのクラブの飛距離を把握する必要 はなく、50ヤード刻みで(50y 〜 200y)使用する4本のクラブの確認だけで十分です。 (例えば150yの場合、7番Iでプラスマイナス15y位だとかです。)

また、できればフルスウィングだけでなく、3/ 4スウィ ングでの150y・100yに対応するクラブも確認しておきましょう。

これにより、その他のクラブの平均飛距離も想像がつくものと思います。

長くなりましたので、続きはまた次回という事で・・・・。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集