九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

ウォーターハザード について

2011/10/16

「ウォーターハザード」ってどこからどこまでなんでしょう?

ウォーターハザードとは、ゴルフコース内に形成されている湖、川、湖、溝、隣接する海など水のある場所のことですが、判っているようでなかなかきちんと頭に入ってない人が多いのではないでしょうか?。 (誰ですか? 「そりゃ、お前だけだ!」って言ってるのは・・・・。)

一応確認すると言う意味で、説明してみますね。

水がなくてもウォーターハザードの区域内であれば、芝が生えている部分でもウォーターハザードの扱いとなります。ウォーターハザードの区域は、赤や黄色などの杭または線で位置が指定されています。ウォーターハザード区域外の水たまりなどは、カジュアルウォータと呼ばれ、ウォーターハザードには含まれません。

「ウォーターハザード」内のボールの処理・ルールは?

ウォーターハザード区域内にゴルフボールが落ちた時、そのまま打てる状態であればペナルティなしでそのまま打つことができます。その際にはクラブヘッドをウォーターハザード内地面や水面に触れることはできません。(バンカーと同じですね)

打つことができないと判断した場合、1打のペナルティを付加し、そのボールを打った前の位置にボールをドロップするか、またはボールがウォーターハザードを横切った最後の地点とホールを結ぶ後方の線上にドロップする方法があります。その場合、ウォーターハザードの後方であればいくら離れても距離に制限はありません

フェアウェイの横のウォーターハザードは、普通、赤杭 (線) で仕切られていてラテラルウォーターハザードと呼ばれ、ボールが入った地点から2クラブ以内に 1打罰でドロップできます。

ウォーターハザードの方向へ行ったボールがウォーターハザードに入ったのか紛失したかの判定ができない場合はロストボールとしての処置をします。通常は ロストボールの処理の方がペナルティーは大きくなります。

出来うる事ならあまり係わり合いを持ちたくはないウォーターハザードですが、捕まってしまうこともままあることですので、その場合は上記によって対応してください。

皆様のプレイに幸いあれ!(笑)

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集