九州各県(福岡・熊本・鹿児島・長崎・佐賀・大分・宮崎・沖縄)のゴルフ場・ゴルフ練習場(打ちっぱなし)検索・ゴルフコース案内なら GolfFine

ゴルフ用の靴「ゴルフシューズ」について 2 練習場では?

2011/08/24

練習場でもゴルフシューズを履くべき!

ゴルフ用の靴「ゴルフシューズ」について、その弐です。

ティーチングプロの友人に聞いてみたら、「ゴルフの上級者を目指すのであれば、練習場でもゴルフシューズを履くべき」とのたまいました。理由は以下のとおりとのこと。
1:スイングで正しい体重移動をすれば、バックスイングからフィニッシュにかけて、左足外側、右足爪先にかなりの重量が掛かる事となる。普通のスポーツシューズでは、この体重を受ける足先・足の外側をサポートできる固さがなく、足(足首)を痛めることに成りかねない

2:最初からゴルフシューズ以外のスポーツシューズで練習すると、無意識のうちに足への負担を避けるようなスイングに固まってしまいかねない。どんなスポーツでもシューズはそのスポーツの運動に合わせて作ってあるため、練習と本番でシューズを変えるというのは現実的とはいえない。練習も本番も同じシューズの方がベターだと思う。とのことでした。

やはり、専用のゴルフシューズで練習した方がいいのでしょうか?。

 

「足の裏で地面を掴む」という感覚

別の意見もあります。これもゴルフの上手な先輩の意見です。
「普段履きのスポーツシューズで、もう長い間練習している。その理由は、ゴルフューズはソール(底)が分厚く出来ていて、一般に言われる、”足の裏で地面を掴む”という感覚が判り辛く、底の柔らかいスポーツシューズ(運動靴)は、この感覚が判りやすいから」とのこと。

確かに足裏の感覚、特にバランス感覚は、自分で感じようと努力しないと中々磨かれません。皆さんも体重計を2つ用意して、右足・左足をそれぞれに乗せて、体重計の目盛りがそれぞれ体重の半分ずつになるようにバランスを取ってみてください。意外と難しいですよこれが・・・・・。

”グリーンの傾斜を足の裏の感覚で感じ取る・アプローチの力加減を足裏の感覚で計る・傾斜地で足の指先に力を入れてしっかり地面を掴む”といったように足裏の感覚は、スイングの加減・方向を決定する非常に大切な要素だと思われます。

そういった意味では、この先輩の云われることも「なるほど!」と思ってしまいます。私の中では、未だ答えは出ていません。

果たして皆さんは、どのように思われますでしょうか?

関連記事

スポンサードリンク

ゴルフファインのアプリができました!ダウンロードはこちら!

PR

ゴルフ場予約はこちら

スウィングアドバイス

誤解されやすい基本

ゴルフのあれこれ

ゴルフに関する様々な事について

ゴルフ用語集